平昌オリンピック開幕 ―フィギュアスケート男子シングルにおけるクロスジェンダー・パフォーマンスの行方は?

2018年冬季オリンピックが開幕した。応援専門分野である男子シングルで特に注目している選手は、日本の3選手の他、アダム・リッポン(アメリカ)とミーシャ・ジー(ウズベキスタン)。いわゆる4回転ジャンパーではない彼らを選ぶのは何故? という疑問を抱かれることだろうが、それは私が「フィギュアスケート男子シングルにみるジェンダー・クロッシング」の論文筆者だから

最強の美少女スケーターたちへ4 宮原知子 ~「サユリ」と「蝶々夫人」で日本の美をフィギュアスケートに文化翻訳

宮原知子(19歳)は「ミス・パーフェクト」とも「努力の天才」と呼ばれていた。どちらにしても優等生タイプだが、ロシアの最強天才少女たちに匹敵する実力を備えている。浅田真央とは異なりルッツ・ジャンプが苦手でないので、着実に高得点を確保することができる。また、スピンは現役女子シングル選手の中でもトップレベルの出来であり、美しく多様性豊かな回転を見せてくれる。彼女は「努力」の面が強調されることが多く、実際に相当な努力家なのだろうが、それ以前に才能にも恵まれていたことも事実だろう。そしてなかなかの美少女である。ところが「努力」のキャラクターが擦りこまれ、「天才」ではなく「秀才」と定義されてしまったせいか、彼女が生来備えている美しさに注目が及ぶことはあまりない。 ところが、パーフェクトな秀才、日本女子シングルのエースだった彼女にも危機が訪れた。

最強の美少女スケーターたちへ 3 坂本花織 ~勝機を掴むピュアな輝き

坂本花織(17歳)の現時点での世界ランキングはザギトワ、コストナー、ソツコワに次ぐ第4位。欧州選手権で復帰したメドベージェワの上を行く。 今シーズン、シニアデビューしたばかりの彼女だが、あっという間に頭角を現し、四大陸選手権では金メダルを獲得した。彼女もまた、最強少女の一人であるが、今までにないタイプである。気取りのない、あっけらかんとした強さ。毎回のように自己ベストを更新し、「やったーー!!」と万歳をして喜ぶ姿が微笑ましい。いわゆる美少女ではないが、そんなことを気にする人は一人もいない。ナチュラルな美しさに溢れていて、眩しいばかりだ。

最強の美少女スケーターたちへ 2 アリーナ・ザギトワ ~攻撃的な挑戦者

メドベージェワ不在の好機を捉えたのがアリーナ・ザギトワ (15歳)だった。清楚で庶民的な感じもするメドベージェワとは異なり、15歳とはいえ華やかな雰囲気が漂う選手である。もっとも、3Ltz-3Loという基礎点の高いコンビネーションジャンプを武器とする彼女には、メドベージェワに挑むのに十分のポテンシャルがあった。また、GPシリーズでは2大会ともSPでこのコンビネーションで転倒して大きく出遅れながらもFSで高得点を上げて優勝するなど、メンタルの強さでも定評があった。その勢いに乗るように、メドベージェワが棄権したGPファイナル、そして不出場となったロシア選手権で優勝。そして、ヨーロッパ選手権ではメドベージェワと競って優勝を手にした。女子選手で史上初となる、FSで全てのジャンプを後半にプログラムするという攻撃的な挑戦が功を奏した。”絶対女王”を制するために攻撃的にならざるを得なかったのである。彼女はこの時点における世界最強の頂点に立った。

2015年グランプリファイナル

最強の美少女スケーターたちへ1 エフゲニア・メドベージェワ ~”絶対女王”の試練

最強の女子シングル選手として真っ先に目に浮かぶのは、もちろんエフゲニア・メドベージェワ (18歳)。ロシア選手権、欧州選手権の王座は奪われたものの、SP、FSともに世界歴代最高得点記録保持者の地位は保持しており、文字通りの最強を誇る彼女に敬意を表し、最初に取り上げることとする。 あまりにも早急に天才を輩出するロシアのフィギュアスケート界。毎年新たな「天才少女」が登場し、新シーズンにシニアデビューした天才が2年目の天才を凌駕する年が続いていたが、勝ち続けることでその流れを破ったのがメドベージェワだった。

最強の美少女スケーターたちへ ~若さゆえのメンタルの強さ。熾烈な闘いを勝ち抜くのは誰?

オリンピックシーズンである2017-18シーズン、フィギュアスケー ト男子シングルでは昨シーズンよりさらに高度化した4回転ジャンプ争いが繰り広げられ、羽生結弦の負傷という惨事を招くほどに熾烈化した。そして、十代の天才少女たちが牽引する女子シングルの闘いも負けず劣らず熾烈である。

AETICAへようこそ!

都市とアートを悦楽する耽美派のためのエッセイ&レビュー・ジャーナル『AETICA』を創刊します。 発信元は東京・横浜辺り。ときには世界中の旅先、過去の時代や異世界からも、思いのままに発信していきます。どうかこの流れを止めないで!