相原聰「二重壁構造のダンボール猫ハウス」

投稿者:

建築家 相原聰氏は、猫たちのために快適な「家」を設計しました。執筆中の博士論文のテーマでもある「二重断熱の家」の構造による猫ハウスは、夏涼しく冬暖い理想の家。素材は猫たちが鳴いて喜ぶダンボール箱。窓付き、2階建ての豪邸です。

ステイホーム時間の長い家猫にとって快適な家は、人にとっても快適なはず。

相原家では、展示のためのモデルハウス建設のため、Amazonでトイレットペーパーを大量購入したそうです。

(有)相原聰建築設計事務所

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中