Tag: #YCC

ネイバーズ・ランドで異文化体験 2

YCC ヨコハマ創造都市センターに出現した不思議な国「ネイバーズ・ランド」に訪れることもう4回目。りっぱなリピーターである。前のレビューであまり建築っぽくないと書いたが、それは勘違いだったと次第にわかってきた。 「ネイバーズ・ランド」の展示はシンプルかつシックで、横浜馬車道のYCCを休日に訪れて観るのに相応しいアート作品である。色彩もフォルムも配置も都会的なセンスが溢れていて、YCCの美しい建築やインテリアとも連続性がある。実際にその国を訪れる際に目にすることになる混沌とした生活感はないが、全く違和感はない。アジア的な(と言っては失礼なほどの)カオスは既に自分自身が体現しているので。

この国のコンセプチュアルなアート空間は、非常に創造的でもある。横浜在住の外国人、ネイバーズとの出会いから生まれる体験はエキサイティングで 期待を裏切らない。そして、 Continue reading “ネイバーズ・ランドで異文化体験 2”

Advertisements

ネイバーズ・ランドで異文化体験 1

ヨコハマ創造都市センターで開催中の「YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”」に惹き込まれ、すっかりリピーターとなってしまった。「世界のどこにも存在しない」けど、待望していた国「ネイバーズ・ランド」は、インドネシア、フィリピン、中国、インドなどに実在するお店をモデルにデザインされたシンプルで美しいブースが並ぶ、居心地のよい空間。学校の文化祭のようなアットホームな雰囲気もあり、気軽に足を運びたくなる。ナチュラルだがコンセプチュアルに構成された会場で、横浜在住の外国人「ネイバーズ」との出会いを通して、毎回新鮮な異文化体験を楽しめる。

 横浜に住む「隣人」として交流が生まれることを意図したという、北澤潤氏による、展覧会のコンセプトは大当たりで、交流はその場限りかも知れないけれど、心が通い合った瞬間を体験することは大きな喜びとなる。例えば、鉄道オタク少年HALの場合。
Continue reading “ネイバーズ・ランドで異文化体験 1”