Tag: #宇野昌磨

Homages to Mao ―The presence of Mao Asada in PyeongChang Olympic

As far as I know, Mao Asada is not officially involving in PyrongChang Olympic at all. We are wondering why, however, it doesn’t matter so much, because we can feel her existence in these Olympic fugue skating competitions.

We know many younger skaters, including Russian genius girls, were motivated by her and devoted themselves for figure skating. She had encouraged and developed many talents by her artistic performance and attitude with athlete spirit.

Continue reading “Homages to Mao ―The presence of Mao Asada in PyeongChang Olympic”

Advertisements

真央に捧ぐオマージュ ―平昌オリンピックにおける浅田真央の存在感

浅田真央は公式には平昌オリンピックに全く関与していない。引退したかつてのメダリストがオリンピックで解説者やレポーターとして活躍するのはよくあることだが、オリンピック関連のテレビ番組に現在の浅田真央がテレビに登場することはない。その理由について詮索することは控えるが、彼女の不在はあまり問題でない。いまやどんな競技会でも彼女の存在感をたっぷりと感じ取ることができるのだから。

平昌オリンピックのリンクで繰り広げられるフィギュアスケート競技を観戦しながら、浅田真央の美意識やアスリート魂が多くの選手たちに受け継がれていると感じた。偶然の一致かも知れないが、浅田真央へのオマージュと解釈できる要素を含んだ演技が多々見られるのである。 Continue reading “真央に捧ぐオマージュ ―平昌オリンピックにおける浅田真央の存在感”

Expecting Cross-Gender Performance of Men’s Single Figure Skating in PyoengChang

Just before men’s single figure skating game in PyoengChang Olympic, I would like to my favorite figure skaters, Adam Rippon (USA) and Misha Ge (Uzbekistan), as well as three Japanese athletes. Some may wonder why I chose them instead of major quad jumpers. It is just because I am a writer of “Gender-Crossing in Men’s Single Figure Stating ―Focused on Performances in Olympics in the Early 21st Century―”. In Torino and Vancouver Olympic, Johnny Weir demonstrated the beauty and sensuality beyond gender ideology. After Weir’s retire, we currently can find cross-gender beauty in their performance. However, they aren’t successors to Weir, because they have been pursuing their own styles. Anyway, it is very delightful for me to see cross-gender performance on Olympic rink.

Continue reading “Expecting Cross-Gender Performance of Men’s Single Figure Skating in PyoengChang”

フィギュアスケート最中応援!宇野昌磨の四季交響曲「冬」

ついに幕開けた冬季オリンピック。今回のプログラムを紹介しながら、フィギュアスケート選手たちへ直前、いや最中のエールを贈ることにする。最初に取り上げるのは、最初の栄光に輝いた宇野昌磨団体戦予選でいち早く幕開けたフィギュアスケーターたちの闘い。男子シングルでは宇野が圧勝し、日本チームにとって幸先の良いスタートとなった。

Embed from Getty Images Continue reading “フィギュアスケート最中応援!宇野昌磨の四季交響曲「冬」”

Shoma Uno, The First Winner in Figure Skating, Olympic 2018

I will write about the Olympic programs of figure skating athletes as ales to them. First of all, my I am writing about Shoma Uno, who won in Figure Skating Team Event. Continue reading “Shoma Uno, The First Winner in Figure Skating, Olympic 2018”

平昌オリンピック開幕 ―フィギュアスケート男子シングルにおけるクロスジェンダー・パフォーマンスの行方は?

2018年冬季オリンピックが開幕した。応援専門分野である男子シングルで特に注目している選手は、日本の3選手の他、アダム・リッポン(アメリカ)とミーシャ・ジー(ウズベキスタン)。いわゆる4回転ジャンパーではない彼らを選ぶのは何故? という疑問を抱かれることだろうが、それは私が「フィギュアスケート男子シングルにみるジェンダー・クロッシング」の論文筆者だから Continue reading “平昌オリンピック開幕 ―フィギュアスケート男子シングルにおけるクロスジェンダー・パフォーマンスの行方は?”