Tag: #オリンピック

Good for you! You can be Swan now at last. ―Yuzuru Hanyu “Notte Stellata (The Swan) ”

On 25th February 2018, Yuzuru Hanyu’s “Notte Stellata” Swan landed on, danced above, and flew up from the swan lake of Olympic rink.

Before the Exhibition I already wrote and even argued a lot about his Swan, and now I can believe all my imagination might be correct. The Swan deeply impressed me and his perfect cross-gender performance satisfied me. However, before that, I would like to say “Good for you, Yuzuru-san! Now you can be Swan at last”.

Embed from Getty Images

He always keeps to be cool and took ideal attitude as the best athlete to the media, especially during the Olympic. However, he looked to be so relaxed and happy at the exhibition. Continue reading “Good for you! You can be Swan now at last. ―Yuzuru Hanyu “Notte Stellata (The Swan) ””

Advertisements

Yuzuru Hanyu “Notte Stellata” ―”The Swan” is flying from Olympic rink.

PyeongChang Olympic will be closed tomorrow. Before the closing ceremony, we can enjoy figure skating Exhibition Gala. The Gold medalistYuzuru Hanyu will present “Notte Stellata (The Swan)“.

Last season, he showed the same theme and deeply impressed us after intense Quads battles. The program was delightful especially for me, because his Swan was filled with supreme beauty of Cross-Gender Performance, my study theme.

I am suggesting the importance of cross-gender art performance expressing the beauty beyond gender or biased gender ideology. In my master thesis about the theme focused on men’s single figure skating,I indicated Swan as metaphor of cross-gendered beauty with examples of memorial performances by Alexei Urmanov, Evgeni Plushenko, and Johnny Weir. I hesitated to add Sochi Gold medalist Yuzuru Hanyu’s Gala Swan “White Legend” to this stream, however, I heard he explained his costume designed by Weir as mixture of male and female elements, and concluded the thesis with his Swan.
Continue reading “Yuzuru Hanyu “Notte Stellata” ―”The Swan” is flying from Olympic rink.”

羽生結弦 「星降る夜 (The Swan)” ―オリンピックのリンクに至高のスワンが舞う

男子シングル 羽生結弦さんの金メダル、宇野昌磨さんの銀メダル、女子シングル 宮原知子さん、坂本花織さんの名演技、ザギトワ VSメドベージェワの史上最高ハイレベルの闘い、アダム・リッポンさんの団体戦銅メダルなど、フィギュアスケ―トでも感動的なシーンが繰り広げられた平昌オリンピック。間もなく閉幕の日を迎えることになります。

フィギュアスケート ファンのお楽しみはあとエキシビションを残すばかり。そして、ここに羽生結弦さんのスワンが登場します。羽生さんのエキシビション・プログラムは、昨シーズンと同じ「Notte Stellata (The Swan)」。昨シーズンの終了後に書いたレビューが大学院のサイトに掲載されていますので、ご覧ください。

羽生結弦 EX「星降る夜」のスワンに寄せて

Embed from Getty Images

Continue reading “羽生結弦 「星降る夜 (The Swan)” ―オリンピックのリンクに至高のスワンが舞う”

Homages to Mao ―The presence of Mao Asada in PyeongChang Olympic

As far as I know, Mao Asada is not officially involving in PyrongChang Olympic at all. We are wondering why, however, it doesn’t matter so much, because we can feel her existence in these Olympic fugue skating competitions.

We know many younger skaters, including Russian genius girls, were motivated by her and devoted themselves for figure skating. She had encouraged and developed many talents by her artistic performance and attitude with athlete spirit.

Continue reading “Homages to Mao ―The presence of Mao Asada in PyeongChang Olympic”

真央に捧ぐオマージュ ―平昌オリンピックにおける浅田真央の存在感

浅田真央は公式には平昌オリンピックに全く関与していない。引退したかつてのメダリストがオリンピックで解説者やレポーターとして活躍するのはよくあることだが、オリンピック関連のテレビ番組に現在の浅田真央がテレビに登場することはない。その理由について詮索することは控えるが、彼女の不在はあまり問題でない。いまやどんな競技会でも彼女の存在感をたっぷりと感じ取ることができるのだから。

平昌オリンピックのリンクで繰り広げられるフィギュアスケート競技を観戦しながら、浅田真央の美意識やアスリート魂が多くの選手たちに受け継がれていると感じた。偶然の一致かも知れないが、浅田真央へのオマージュと解釈できる要素を含んだ演技が多々見られるのである。 Continue reading “真央に捧ぐオマージュ ―平昌オリンピックにおける浅田真央の存在感”

羽生結弦と「オリンピックの魔物」

平昌オリンピック、フィギュアスケート男子シングル、FS(フリー)演技を終え、羽生結弦は「感謝の気持ち」を込めて自分の右脚に触れた。

2017年11月、グランプリファイナルの練習中に4回転ルッツで転倒し、右首を負傷。その後全ての試合に欠場し、長いブランクを経てのオリンピック出場となった。結果は既に世界中で知られる通り、SP(ショート)でノーミスの演技を披露し自らの世界最高得点に迫る111.68点を獲得してリードし、FSでも200点を上回るスコアを叩き出し、金メダルに輝いた。

逆境に打ち克つメンタルの強さ、努力と忍耐、卓越した運動能力、天性のセンスと芸術性、フィギュアスケートへの愛、そして勝利への情熱。金メダルに導いた羽生の美点が際限なく思い浮かぶ。そして、今回はそれらに加え、計算されたコントロール、判断力といった理知的な要素も挙げられるだろう。高得点ではあるが自らの最高得点を更新しての勝利ではなく、FSにおいてはネイサン・チェンに次ぐスコア、技術点においては宇野が僅かに上回っていた。そしてレベル3判定のエレメントも含む、完全ではないスコアに、持てる力をバランス良く発揮するための優れたたコントロール能力、根性や底力だけではない、精神的、理知的なアスリート魂を感じた。

Continue reading “羽生結弦と「オリンピックの魔物」”

羽生結弦、内なるスワンの飛翔。金メダルおめでとう!!

確信していた通り、羽生結弦平昌オリンピック フィギュアスケート 男子シングル競技の金メダルに輝いた。SP、FSともに負傷から長いブランクを経て復帰した現時点で最高の力を発揮して、素晴らしい演技を見せてくれた。4回転はリスクの高いルッツも可能性のあるループも回避して、サルコウとトウループを満点のGoe加点が付く出来で仕上げるという正しい判断。ほとんどのエレメントに2点、3点の加点が付くクオリティの高いパフォーマンスで世界中を魅了した。シニアデビューしたばかりの頃から応援している筆者にとっても嬉しい限りである。

エキシビションでは昨シーズンに引き続き、サン=サーンスの「白鳥」を現代風にカバーしたIl Voloの「Notte Stellata」で滑る美しいプログラムを見せてくれる。彼が秘め持つ美の本質が開示され、筆者の研究テーマでもあるクロスジェンダー・パフォーマンスに通じる至高のスワンがまた舞い降りるのが楽しみだ。

否、彼の内なるスワンはエキシビションを待たずに既にオリンピックのリンクに舞い降りていた。 Continue reading “羽生結弦、内なるスワンの飛翔。金メダルおめでとう!!”