アダム・リッポン、独創的なフラミンゴで新しい美の境地を開く

アダム・リッポンのフラミンゴがオリンピックのリンクで飛翔した。ノーミスに近い演技で、フィギュアスケート団体戦、男子シングルFSで3位、そして、アメリカチーム全体の健闘もあり、団体戦銅メダリストとなった。 彼がFSプログラムに選んだ音楽「フラミンゴの飛来」は、動物自然環境ドキュメンタリー映画『The Crimson Wing: Mystery of the Flamingos』のサウンドトラック曲であるが、彼のフラミンゴはワイルドながらナチュラルとは言えない。ファンタジックでシュールな、架空の鳥のようである。 前の記事でも触れた通り、筆者の研究テーマの一つは、ジェンダーを超越した美の表現、クロスジェンダーパフォーマンスである。この研究テーマで論じた修士論文と小論文において、フィギュアスケートにおけるクロスジェンダーパフォーマンスの象徴として取り上げたのは、ウルマノフ、プルシェンコ、そしてジョニー・ウィアーらの歴史的プログラムのモチーフとなったスワン(白鳥)であった。

平昌オリンピック開幕 ―フィギュアスケート男子シングルにおけるクロスジェンダー・パフォーマンスの行方は?

2018年冬季オリンピックが開幕した。応援専門分野である男子シングルで特に注目している選手は、日本の3選手の他、アダム・リッポン(アメリカ)とミーシャ・ジー(ウズベキスタン)。いわゆる4回転ジャンパーではない彼らを選ぶのは何故? という疑問を抱かれることだろうが、それは私が「フィギュアスケート男子シングルにみるジェンダー・クロッシング」の論文筆者だから